金融商品ごとに利用できる年齢の上限が設定されている

カードローンを利用するためには、安定した収入があることが大前提となることが多いですよね。仕事を定年退職した年金受給者の場合には、働いている労働収入があるわけではないけれども、年金という安定した収入は毎月入ってきます。

そうした年金受給者でも、急な出費が必要になることはありますし、カードローンでお金を借りることも不可能ではありません。

ただし、年金受給者の場合には、金融機関にとっては回収できないリスクはどうしても高くなってしまうため、審査に通る確率は低くなるということは理解しておきましょう。

また、借入可能な金額は、毎月の収入に見合った金額のみとなるため、返済能力を超えての金額は借りることができませんし、審査にも通りません。そのため、期待していた金額を借りられなかったということは十分に起こり得ますね。

年金受給者におすすめのカードローンの選び方

年金受給者でもカードローンを利用することは可能ですが、審査に通りやすくするためには、年金受給者でも利用OKと明記している金融会社の借入商品を利用するのがおすすめです。

ただし、悪徳の詐欺まがいの業者の中にも「年金受給者OK」と謳っている所がたくさんあるため、できるだけ大手で知名度が高い銀行からラインナップされているカードローンを利用するのがおすすめですね。また、借入商品ごとに、60歳未満とか70歳未満などの年齢制限が設けられているため、その点も申し込み前にチェックしておきましょう。