計画的にカードローンでお金を借りることが大切です

カードローンに限らずどんな借入商品でも、借りる前に毎月の返済がどのぐらいになり、家計をどのぐらい圧迫するのかをシミュレーションした上で借りることが、無理なく返済するためのポイントです。

しかし、今すぐにお金が必要になってしまうと、頭の中がパニックになって冷静な判断が出来なくなってしまうことは多いでしょう。必要に迫られてあちこちから借りていたら、気づいた時には返済能力を超えてしまっていたということは、絶対に起こらないとは言えないのです。

もしも、カードローンを利用していて返済能力を超える返済額になった場合には、どのような対策方法があるのでしょうか?

返済できない時の選択肢

返済ができないからと言って、そのまま無視したり隠れたりするのは、絶対にやめましょう。ほとんどの場合には、返済日を過ぎると督促状が郵送で送られてきたり、自宅や勤務先に督促の電話がかかってくるようになります。

最初は親切な口調でも、督促は返済が遅れるほど厳しくなることは容易に想像できますし、そうなってしまうと職場にいづらくなってしまったり、精神的に追い詰められて大きなストレスとなってしまうでしょう。

もしも返済が難しいなと感じたら、返済遅延をする前にいくつか対策を講じる必要があります。まず、一時的に返済が難しい場合には、金融会社に相談すれば、その月は利息だけの支払いでOKにしてもらうなど、打開策を提案してくれることがあります。また、低金利のカードローンに借り換えをして毎月の返済額を減らすという方法もアリでしょう。